TrackBack

icon

“高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る(前編)

日本デジタルゲーム学会は、東京大学で公開講座「名人の目から見たファミコンブーム」を開催。ファミコンブームの主役となった“高橋名人”こと高橋利幸氏(ハドソン)が、ブームについて振り返った。その内容を詳細にお伝えする。

2 件のトラックバックがあります。

※リンク先の内容についてアイティメディアは保証いたしません。自己責任でのアクセスをお願いいたします。
2009-03-13

Business Media 誠:“高橋名人”という社会現象――高橋利幸氏、ファミコンブームを振り返る ハドソンの連射機能付きコントローラーは、高橋名人が手作りした連射スイッチがきっかけで発売されたようです。 「会議室で決めた話は成功しない。飲み屋で決めた話は成功する」
ヤス:ボスは まさか…。 - 2009/05/08 20:49
※リンク先の内容についてアイティメディアは保証いたしません。自己責任でのアクセスをお願いいたします。
高橋名人がファミコンブームを振り返る!!

 先日の3月6日に高橋名人が東京大学で講演したときの記事の紹介です。内容はこんな感じ。・ハドソンに入社する前の名人 札幌のスーパー...
ファミコンのネタ!! ブログ - 2009/03/12 23:17

トラックバックに関するお知らせ

Business Media 誠の記事へのトラックバックについて

  • トラックバックするブログやWebページを「トラックバック元」、トラックバックされる記事を「トラックバック対象記事」と呼びます。
  • トラックバック元にはトラックバック対象記事へのリンク(URL)が必須です。有効なリンクがない場合はトラックバックの設定はできません。
  • 各社のブログサービスをご利用の場合、URLを記述するだけで自動的にリンクになる場合と、タグで明示的にリンクを指定しなければならない場合がありますのでご注意ください。

トラックバックに関するポリシー

  • Business Media 誠の記事へトラックバックするために事前・事後の連絡は不要です。
  • アイティメディアは、トラックバック一覧で表示されるトラックバック元の内容、およびそのリンク先の内容には一切の責任を負いません。トラックバック元へのアクセスは自己責任において行っていただくようお願いいたします。
  • トラックバックスパム、無差別の宣伝、トラックバック対象記事と全く関係ない内容、悪意のある誹謗中傷など、一般常識に照らし合わせて、このサイトの不利益になると判断した場合や、重複送信の場合、トラックバックを連絡なく削除することがあります。

対応できないブログについて

  • 一部のブログサービスでトラックバックを行った際に、実際には成功していても「could not recieve response2.」と表示される場合があります。(例:ロリポブログ)
  • コンテンツの内容確認にユーザー認証が必要なサービスからのトラックバックはできません。(例:MSNスペース)

Copyright© ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Special

バックナンバー