TrackBack
icon

角川だけじゃない、YouTube“違法”動画の収益化 個人ビデオ+BGMの公認も

記事URL: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/23/news065.html
トラックバックURL: http://tb.itmedia.co.jp/tbs/news/articles/0902/23/news065.html
YouTubeは、権利者に無断で投稿されたコンテンツを含む動画について、権利者の公認を得た上で収益化する仕組み作りを急いでいる。

4 件のトラックバックがあります。

※リンク先の内容についてアイティメディアは保証いたしません。自己責任でのアクセスをお願いいたします。
Youtubeの違法動画を収益化?

Youtubeの違法動画を収益化?記事元Youtubeの有効利用できた角川書店ですが、この成功例をならって?Googleが今後収益にできないのか検討してるそうです。以下、記事の引用米Google日本法人は2月23日、YouTube日本版の著作権侵害対策について説明し、ユーザーや権利者...
人生勉強 - 2009/02/23 23:58
※リンク先の内容についてアイティメディアは保証いたしません。自己責任でのアクセスをお願いいたします。
YouTube“違法”動画の収益化

「角川だけじゃない、YouTube“違法”動画の収益化 個人ビデオ+BGMの公認も」 これは「権利者が許可する仕組み」ですが、他に「投稿者が許可を求める仕組み」も作ってもらえると、権利者/投稿者ともに役立つんじゃないですかね。 現状だと(3)規約違反の動画を3回投稿...
ぺたぺたしてってください(^^ - 2009/02/23 21:12

トラックバックに関するお知らせ

ITmedia記事へのトラックバックについて

  • トラックバックするブログやWebページを「トラックバック元」、トラックバックされる記事を「トラックバック対象記事」と呼びます。
  • トラックバック元にはトラックバック対象記事へのリンク(URL)が必須です。有効なリンクがない場合はトラックバックの設定はできません。
  • 各社のブログサービスをご利用の場合、URLを記述するだけで自動的にリンクになる場合と、タグで明示的にリンクを指定しなければならない場合がありますのでご注意ください。

トラックバックに関するポリシー

  • ITmedia記事へトラックバックするために事前・事後の連絡は不要です。
  • ITmediaは、トラックバック一覧で表示されるトラックバック元の内容、およびそのリンク先の内容には一切の責任を負いません。トラックバック元へのアクセスは自己責任において行っていただくようお願いいたします。
  • トラックバックスパム、無差別の宣伝、トラックバック対象記事と全く関係ない内容、悪意のある誹謗中傷など、一般常識に照らし合わせて、このサイトの不利益になると判断した場合や、重複送信の場合、トラックバックを連絡なく削除することがあります。

対応できないブログについて

  • 一部のブログサービスでトラックバックを行った際に、実際には成功していても「could not recieve response2.」と表示される場合があります。(例:ロリポブログ)
  • コンテンツの内容確認にユーザー認証が必要なサービスからのトラックバックはできません。(例:MSNスペース)

Copyright© ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Special

Feed Back